未分類

【シャーマン】汎用戦車3【T34】

1 :名無し三等兵:2019/09/01(日) 11:10:44.22 ID:FNOtgdbn.net
大戦中大量生産された戦車
どちらの方が優れているのだろうか?
前スレ
【シャーマン】汎用戦車【T34】
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1511950488/
【M4】汎用戦車 Part2【T-34】
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1534247440/

2 :名無し三等兵:2019/09/01(日) 11:50:52.17 ID:y+Iqz08m

75mm砲搭載シャーマンの溶接型前期車体(スモールハッチ)、車体前面装甲板が1枚板な後期型と違い、圧延装甲と鋳造装甲を繋ぎ合わせた代物
組んだ後にサンダーがけして跡を消している(アップだと見える)が、何でそうなったとツッコミたいほど分割されている
正副操縦士ハッチ周りとボールマウント式銃架、ごく初期型に搭載されていた連装固定機銃周辺、アンテナポストが鋳造で、バラバラの部品を溶接組みしている
固定機銃が廃止されても他の部品との兼ね合いで、分ける必要の無いその部分を、しばらくは機銃口の無い板に変えてわざわざ溶接組み
そして時期や工場、型によって何種類もの分割があり、プラモデル製作時の考証がめんどくさいことに

3 :名無し三等兵:2019/09/02(月) 07:40:32.48 ID:S1PhWXbc

現用中戦車砲が100ミリ(105ミリ)で砲弾重量15キロ、ww2が75ミリで6キロ程度
やはりww2の75ミリは間違っていたと言えるんだろうか?

4 :名無し三等兵:2019/09/02(月) 08:03:03.86 ID:/RSKGZ44

一口に75mm砲と言っても、歩兵砲から高射砲まで様々、弾頭や薬莢の長さも違うし、砲弾重量もピンキリだぞ
105mmのAPFSDS弾であるM829A3は弾頭10kgで全体で22.3kg、タングステン弾頭で装薬も多いんだから当然重い

5 :名無し三等兵:2019/09/02(月) 08:04:00.35 ID:/RSKGZ44

訂正:タングステンじゃなくて劣化ウランなので尚更重い

6 :名無し三等兵:2019/09/02(月) 11:01:59.62 ID:OljOeBlA

>ww2の75ミリは間違っていたと言えるんだろうか?

何でそう思えるのか不思議

7 :名無し三等兵:2019/09/02(月) 12:23:01.67 ID:0pgOwuqV

なにをもって間違っていたなどというのかわからない

8 :名無し三等兵:2019/09/02(月) 15:58:47.94 ID:S1PhWXbc

3号突撃砲も105ミリタイプのほうが優位と判断されたようだ
とくに歩兵支援には威力が絶大だ
75ミリ対戦車砲が貫通力に優れるためすべて置き換えはされなかったが
ただし105ミリでも対戦車能力がないわけではなく500メートルで60度に傾斜した91ミリ装甲を貫通できた
1000メートルで60度傾斜した80ミリの装甲を貫通できT34-76あたりでは十分撃破できる

9 :名無し三等兵:2019/09/02(月) 16:09:24.49 ID:/RSKGZ44

いや、配備された部隊の報告では「75mm砲搭載車7に対し105mm砲搭載車3という配備の割合は正しい」とあるぞ

10 :名無し三等兵:2019/09/02(月) 16:49:17.68 ID:S1PhWXbc

T-70をベースとして開発されたsu76は1万7千両もつくられて朝鮮戦争でも投入されたが
軽戦車に傑作砲ラッチブム76ミリをつみ、ドイツはマルダー自走砲のコピーとした

su76は大仰角かけて支援射撃も可能だったが
最大間接射撃距離は約17 kmとすべての自走砲として最大だった
そのためしばしば軽爆撃機のかわりとして、間接射撃に従事したが76ミリ砲弾はシェルが小さく
威力については屁のようなもので、有効ではなかった。

なおsu76はいがいに防御も優れていた
とくに末期のドイツ兵が多用した戦車拳骨のHEAT弾のジェット流を薄い装甲板で突き抜けてしまい
しばしば乗員の命は救われた。北朝鮮戦車にむけられた米軍バズーカにも有効だった
このため米軍が大量のバズーカを擁した釜山攻撃など投入されて多用される

11 :名無し三等兵:2019/09/02(月) 17:50:04.15 ID:S1PhWXbc

なおシャーマンは当初から75ミリと105ミリの二本立てで構想されて
バルジの戦いののちアイゼンハワーは75ミリを欧州に送ることを停止させ
76ミリがもっと必要だと申し送る
シャーマン・イージーエイトは76ミリと105ミリで戦後も使用される

12 :名無し三等兵:2019/09/02(月) 18:29:35.34 ID:/RSKGZ44

また翻訳ソフト通したようなツッコミ待ちの書き込みだな

13 :名無し三等兵:2019/09/02(月) 19:11:59.67 ID:S1PhWXbc

シャーマン105ミリは砲弾重量が15キロでかなりの威力

ww2の中戦車でも105ミリは十分実現してる
技術的に不可能だったわけではない
単に選択のもんだい
なら大口径砲をえらんだほうがよくないか?という

14 :名無し三等兵:2019/09/02(月) 19:45:43.48 ID:k1wJP5qx

いやシャーマンの砲塔には開発当初5種類の武装プランがあって、105mm榴弾砲も当初から搭載可能なように、防楯の取り付け位置が設定されていた
しかしM4A4を使った試作型は1942年11月にできてるのに、M4を使った量産型は1944年2月からと遅かった
砲兵科のM7プリーストとは別の、戦車大隊が自前で使える火力支援車として配備された

15 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 00:51:15.22 ID:6dhsX59E

100ミリ砲は分かりやすい数値だし、4インチでほぼ101ミリで割り切りやすい
ソ連では西欧諸国の採用口径よりわずかに大きくして、「一種の嫌がらせ」で
敵が弾薬鹵獲しても使用できんようにした(という解説を読んだ)
小さい砲弾を鹵獲した場合、精度は落ちるが使える利点が生じる

そんなこんなで3インチ76ミリに対して75ミリ、3.5インチ(90 mm)砲にたいして88ミリ、
4インチ(100ミリ)にたいして105ミリなど各国採用してややこしい

ドイツ105ミリ高射砲は対戦車用に用いられはしたがアハトアハトの2倍も重いので
運用も制限され強力な88ミリL71が開発されると105ミリ砲は開発中止される
ソ連の100ミリ砲も優秀だったがティーガーII戦車の8.8 cm KwK 43には劣る

ドイツがハチハチにこだわったのも90ミリ砲が戦後ブームになったのも使いやすさの証明だろう
ただしヒトラー総統のイメージが強いせいか8.8 cm KwK 43を戦後採用した例はないが。

16 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 01:42:22.68 ID:ae6I0dMB

>>15
口径を僅かに大きくして、敵から捕獲した弾薬は撃てるが、敵が捕獲しても使えないのは迫撃砲の話
普通の野砲とか戦車砲とかだと、薬莢のサイズが違うからどっちにしろ使えないので、関係ない話だ

17 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 02:55:49.01 ID:6dhsX59E

独ソ戦序盤で鹵獲したソ連製76.2mm野砲を長大な7.5 cm PaK 40用の薬莢を装填可能なように拡大して
連用した例がある。口径に1,2ミリ差があるので明らかに性能はおちたが
のちに75砲弾にリングをつけてこれらもカバーされた。
ソ連戦車に対抗できる88高射砲をいちいち呼ぶのは、高価で数が少ない難点があり背に腹は代えられない
戦後もフィンランド軍で1990年代まで運用された。そこそこ使えるんだろうな

18 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 06:53:08.95 ID:1ItCXkcT

迫撃砲と違って敵が捕獲して使ったんじゃ意味無いじゃん

19 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 08:00:10.28 ID:6dhsX59E

米国の12,7ミリ重機にたいしてソ連は14.5x114mm弾を採用したが
ブローニングM2重機関銃の弾薬である.50BMG弾の1.5倍の運動エネルギーを持つため
ベトナムでばたばたと米軍ヘリをうちおとした

20 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 09:18:26.67 ID:1ItCXkcT

ベトナム軍が野戦で対空射撃に使ったのは、12.7mmの米軍通称「ダッシュK」ことDShK38ですが

21 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 12:10:54.46 ID:6dhsX59E

14.5x114mm弾を使うKPV重機(ウラジーミル重機)
対空用単装・2連装・4連装の3種類の銃架がZPU-1/ZPU-2/ZPU-4として採用
1丁につき1,200発が弾倉に装填される
ベトナム戦争においても北ベトナム軍や南ベトナム解放民族戦線が使用し、
アメリカ軍のヘリコプターに対する一大脅威と見なされた。だと
このころの軍用ヘリは装甲が薄かったのねぇ

22 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 17:38:39.20 ID:1ItCXkcT

連装や四連装の14.5mmは基地や飛行場の防衛用で、車両に載せるか牽引するものだぞ
それにこの頃も何も、輸送用ヘリに防弾板なんて付いてない
攻撃ヘリのコブラにしたって、コクピット周りにケブラー繊維の内張りがある程度、12.7mm以上には無力
ハインドやアパッチになると下からの射撃に対して強くなるが、キャノピーは防弾じゃないし、アフガンの時みたいに山の上から撃たれると弱い

23 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 18:04:19.91 ID:6dhsX59E

ベトナムにゲリラ戦術をとくいとする将軍がいて14ミリ重機を山の上だかジャングルだかに隠してヘリを狙撃させたので
大損害を被ったそうだよ。ソ連の指導ではなくベトナム人が編み出した戦術

朝鮮戦争では仁川上陸で釜山から北朝鮮軍が慌てて白昼を街道沿いに退して国連軍の爆撃でほとんど全滅したが
ほぼ同時期のベトミン軍は空爆を避けるために山の中で散会し夜移動するため撤退でもほとんど無傷だった
ベトナム人のゲリラ戦はなかなかのようだ

24 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 18:59:02.40 ID:WEQW1l1Q

山の上なら間違いなくDShK38じゃね?だってZPU-2やZPU-4じゃ俯角がとれないから撃ち下ろすことができないし

25 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 19:27:03.10 ID:72C3J8wb

二輪式単装銃架のKPVを、山腹に撃ち下ろす向きで掘った塹壕に据え付けて待ち伏せするのはポイントを選べば不可能じゃないような。

ところでそろそろスレタイ見てくれ>ALL

26 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 19:54:09.91 ID:6dhsX59E

そうねぇ
ドイツ軍が37mm 砲の3号ではなく105ミリ砲シャーマンと同レベルの中戦車をもち
14,5ミリ重機を砲塔に据え付ければ
T34ぼこぼきにしてモスクワ攻略は容易たるもので当時の技術では不可能ではなかった

まぁ技術はあっても、お偉方の選択の間違いだったんだね
結果的に3号は手直しで75mm砲を搭載することも可能だった

27 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 20:24:18.54 ID:ae6I0dMB

WoTには10.5cm榴弾砲搭載IV号戦車が出てるけど、あれ計画戦車ですらないよね?

28 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 20:42:30.84 ID:7yFgobTH

>>27
試作止まりだが、一応実戦投入までされてるぞ
コレのせいでソ連が大口径厨になった説がある程度には影響力がある

29 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 20:45:18.73 ID:eIejj9sY

M4シャーマンの搭載砲候補に105mmではなく、75mm級が残ったのは生産簡略化のためとそれなりの威力と使い勝手を持ってたから

当時は105mm榴弾が必要な場面はそこまで多くはなかったし、装弾数や装填速度、移動目標に対する命中精度など75mm比べて必ずしも優位だったとはいえない。

30 :名無し三等兵:2019/09/03(火) 21:05:46.47 ID:6dhsX59E

88ミリ砲は戦車の中に10キロ爆弾を放り込むのとおなじで
貫通した後、敵戦車がたちまち炎上爆発することで戦車を噛み砕く虎と恐れられた
もちろんT34の乗員は黒焦げた
75ミリではたまに引火することもあるが88にくらべると迫力不足。乗員は逃げてチョロチョロ燃えるだけ

目標に10キロの砲弾をぶちこむのと6キロの砲弾を打ち込むのとでは大差がある
76ミリ砲では徹甲榴弾の炸薬量など手榴弾ていどのはずだ

ましてや15kgの巨大砲弾がたたきこまれたら・・・トーチカや戦車は内部から割れてこなごなになる

33 :名無し三等兵:2019/09/04(水) 07:41:25.80 ID:fmKYTeYy

シャーマンがM3に引き続き野砲から発達した75mm砲を採用したのは、戦車は歩兵支援兵器というAGFのドクトリンに合い、砲弾も多く積めるから
105mm榴弾砲搭載車は英軍で言うCS型であり、一歩後ろから支援射撃をするための物

35 :名無し三等兵:2019/09/04(水) 18:13:00.30 ID:bMs/awaF

>>34
III突の105mm砲型が企画されたのは独ソ戦開始直前、まだ対戦車戦闘に活躍する前のことで、対トーチカ攻撃のための火力強化だった
G型ベースの量産型に先行して作られたF8型ベースの試作型8両が実戦投入されたのが1942年11月、75mm砲搭載のF8型と同時期
長砲身75mm砲型が対戦車戦闘ばかりになって歩兵支援ができなくなって云々は、古い資料の間違った認識

38 :名無し三等兵:2019/09/04(水) 18:38:59.75 ID:UHVIdIvK

とはいうものの75ミリL24
PzGr徹甲弾6.8KG
発速385
貫通力は100mで41ミリ、500メートルで39ミリ

ビットマンどーやってT34撃破したんだろうか?うそん?
んが4号の短砲身もけっこうT34撃破してるし・・

39 :名無し三等兵:2019/09/04(水) 19:05:14.81 ID:Spxsb+lt

答:その時の相手はT-34じゃなくてT-26だったから

なお1941年当時ヒトラーは機密保持のため禁じていたが、対トーチカ用HEAT弾をT-34やKVに撃って撃破した例もある

43 :名無し三等兵:2019/09/05(木) 21:23:42.48 ID:QWMiVbC1

生産能力が足りんがな

44 :名無し三等兵:2019/09/05(木) 21:51:36.06 ID:o3v//Up8

ブローニングM2とマウザー15ミリ機関砲は40キロで重さが同じなんだな
飛燕に積んだマウザー20ミリとも殆ど変わらない

ブローニング重機が重すぎて、18kg軽量タイプに代えたい話もあるが・・・

45 :名無し三等兵:2019/09/05(木) 22:40:49.93 ID:aSfP9f/j

マウザーとモーゼルは別物なの?

49 :名無し三等兵:2019/09/07(土) 02:05:45.12 ID:gpkNcRNz

なお3.7cmや2cmでの撃破(擱座)例もあるのだ

55 :名無し三等兵:2019/09/07(土) 23:56:14.52 ID:e9OGmlTt

>>53
榴弾で全損に追い込んだの?どんなチートを

58 :名無し三等兵:2019/09/08(日) 06:02:08.80 ID:qtrOlrkC

ロシア人のフェルディナンド伝説

ロシア人歴史家はフェルディナンドは「少なくとも800両は投入された」とする
実際は90両でした・・

その理由は赤軍兵士に大変人気の車両であったためであちこちで報告された
というのは赤軍は

「フェルディナンドなどのドイツの自走砲の脆弱性とその対処方法」という文書を
大量に用意して前線将兵にくばったためロシア兵で知らぬものはいなかった
いっぽうドイツ将兵は質問してもその存在は殆ど知らなかった

またロシアではフェルディナンドは正式の名前ではなく「象」であるとバカにする不届き者が居る
それは西欧の本や田宮プラモデルに影響されたもので「フェルディナンド」が正式名称だ
まったくなげかわしいことだ

59 :名無し三等兵:2019/09/08(日) 06:58:46.38 ID:sUw7fHo9

クルスク戦当時のフェルディナントに車長用キューポラなんて付いてないぞ
203mmに撃破されたのは第654大隊の701号車で、戦闘室が(おそらく搭載弾薬の誘爆もあって)完全に破壊されているから、ハッチ直撃かどうかすらわからない有様なんだが

名称はロシア語読みだとフェルジナンド、ドイツ語だとフェルディナント(より今風にはフェアディナント)
クルスク戦を生き残りキューポラや前方機銃増設など改修後のタイプが「エレファント」

61 :名無し三等兵:2019/09/08(日) 10:30:07.19 ID:oAf+ptkh

ギャーチェンジ不要なだけでもフェルナは夢の兵器だろうな

62 :名無し三等兵:2019/09/08(日) 11:42:13.21 ID:sUw7fHo9

>>60
素っ裸じゃなくてGolozhopij Ferdinant(ケツ出しフェルジナント)だろ

68 :名無し三等兵:2019/09/08(日) 19:14:45.66 ID:nmSbehJX

それらの故障リスクが殆ど無いヘッツアーは最高の駆逐戦車だったのだな

71 :名無し三等兵:2019/09/09(月) 01:32:01.13 ID:i8PHC+hb

ヘッツアーの防御面での欠点と言ったら
側面が薄くて材質も良く無いことだな
厚さ2cmの高張力鋼板じゃ37mm対戦車砲でもスパスパ抜けるだろう

ま、コスパはWW2世界最高AFVなのは揺るがないけどさ

81 :名無し三等兵:2019/09/09(月) 14:46:24.56 ID:0IVrhHKl

正確な資料はないが潜水艦だけでも日本からドイツにタングステンは10回ほど送られててる
半分が届いたとしても、せいぜい十トンから数十トンかという分量
モリブデンはダイムラー・ベンツのクランクに使われる。日本が贈ったかは不明

日本の1935−45年のタングステン精鉱量合計は5400トンです。
タングステンは錫鉱石に付随して産出するのですが、戦争勃発後、南方圏の錫が
潤沢に供給されるようになり、日本の錫鉱山は操業を縮小
そのへんは日本のタングステンは内地でもイッパイ取れるからとよゆうがあったようです

タングステンはハイス鋼、高速度切削用のハイスピード鋼に必要とされたが
アメリカではハイス刃で高速切削機械が発明されたものの、ヨーロッパではいまいち普及せず
旧来の速度でけずり、たんに刃の寿命が伸びたと。なので米国の商売は成功しない
他にジェットエンジンの高温用ブレードのニッケルタングステン鋼も必要とする

ただドイツ軍部がひつようとしたのはあくまで高速徹甲弾で、タングステンを土中にすてるような用途で
非常にもったいないが、「切り札」として戦車隊に支給されたようだ。これは現在でも主な用途だそうだ

米国産ではタングステン入りのハイス鋼はある(ガーバーナイフなど)が日本JIS工業規格では
タングステンを使った刃物鋼種はない。それほど貴重な軍需物質というわけで
ちなみにネバダ州にはタングステンを含む地下水の地域があり飲用する子供に白血病及びがんが多い
がWTOは「白血病との関連は認めず」としてる(うーんこの、軍事鉱山の闇を感じる)

85 :名無し三等兵:2019/09/09(月) 22:34:04.95 ID:7fyOaF1h

ドイツでも工作機械用に優先され、徹甲弾としての使用は限定されていた

91 :名無し三等兵:2019/09/10(火) 16:25:05.46 ID:NO4jSvvc

ヘッツァーの防盾ってウスいんだね。その写真だと3センチもないぺらぺら装甲
本体の装甲があって砲身可動部の塞ぎ板だから薄いんだろう

95 :名無し三等兵:2019/09/10(火) 17:07:51.73 ID:NO4jSvvc

>>92
パンターの分厚い防盾が割れ落ちることもあるらしい
ティーガー1の鋳造防盾のほうが薄そうだがなぜか割れない

100 :名無し三等兵:2019/09/10(火) 19:42:14.53 ID:Dq09LPzw

>>99
装填速度は遅いが精度は悪くなかったって聞いたよ>152mm

119件をまとめました。
最新情報はこちら





-未分類

Copyright© リアルスラナン , 2019 All Rights Reserved.